ロシアが世界で初めてペストのサブユニット・ワクチンを開発
2021-05-15 10:50

ロシアが世界で初めてペストのサブユニット・ワクチンを開発

バイオセーフティ技術基盤センターは、世界で初めてペストのサブユニットワクチンを開発しました。

同センターは、遺伝子技術を用いて大量生産に適したワクチン株を開発。世界初のサブユニット型ペストワクチンは、この株をテストするために作られました。

このようなワクチンは、ウイルスや細菌の断片のみを含んでおり、免疫システムがこれを認識しなければなりません。そうすることで、ワクチンには微生物全体や無害なウイルスは含まれないのです。

さらに、同センターでは、デュシェンヌ型筋ジストロフィーの治療のためのプロトタイプ技術を開発しました。このような治療法は、ロシアでは初めての試みです。

現在までに、ロシアのモンゴルや中国との国境地域でペストが自然発生しています。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova