Rostec Holding社が機関車用デジタル無線機を開発
2021-05-15 10:20

Rostec Holding社が機関車用デジタル無線機を開発

Roselektronika Holding(国営企業Rostec傘下)は、機関車と配車センター、鉄道駅との間でシームレスなデジタル無線通信とデータ交換を自動的に実現する機関車用DMR(Digital Mobile Radio)無線機を発表しました。

同社は、年間約1.5千台を製造し、市場の需要をカバーする予定です。

デジタル無線機は、信号レベルが低下した場合、自動的に基地局を切り替えることができるため、鉄道路線のどの区間でも安定した接続を維持することができます。

本装置は、既存の通信機器と合わせて、どのような機種の機関車にも使用することができ、また、デジタルおよびアナログのネットワークにも対応しています。

本装置は、新世代の列車用無線通信装置であり、全路線においてシームレスな通信を実現します。この無線機は、すでに鉄道会社でテストされています。今年中に量産を開始する予定です。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova