近年の成長:モスクワへの外国投資の流入は過去10年間でどのように変化したか
2021-01-11 05:08

近年の成長:モスクワへの外国投資の流入は過去10年間でどのように変化したか

2020年の計算によると、モスクワに蓄積された外国投資の総額は2600億ドル以上。外国企業の固定資産への投資についての話です。最大の投資ポートフォリオを持つ主要な資金提供者は、米国、中国、ドイツです。この情報は、モスクワ市長の対外経済関係事務所のセルゲイ・チェレミン所長が提供したものです。

過去10年間の継続的な成長

モスクワはこの10年間、外国からの投資額を着実に増やしてきました」とチェレミンは言う。2010年から2020年にかけて、固定資産に投資される外国人資金の流入額は112%も増加しています。同氏は、「モスクワと北京の経済・投資協力」に関する会議で、中央銀行の公式データを引用しながら、2020年初頭の累積投資額は2,600億ドル以上に達していると述べました。

コヴィド19の大流行とそれに伴う世界的な市場の暴落が起こるまでは、世界中の投資家がモスクワの有望なプロジェクトへの投資に関心を高めていただけだった。このように、2019年は外国資本が過去最高額でロシアにやってきて、外国人投資家の資金は191対象に投資されました。数年前から投資魅力度上位20カ国に入っていたロシア連邦は、9位でトップ10入りしました。

モスクワは、外国投資の構造の中で常に特別な位置を占めており、ロシアの施設に対する外国投資の総量の半分近くを占めています。市立投資管理庁のレオニード・コストロマ長官は、近年のロシアとモスクワにおける外国人投資活動の詳細を語ってくれました。同氏によると、首都圏の経済への最大の投資は、ドイツ、オーストリア、米国、フィンランド、イタリア、フランスからのものだった。

活動の観点から見ると、外国人投資家の最大の関心は、貿易、保険、金融活動、工業生産、ハイテクに従事する資本企業にあります。また、海外からの資金の流れの中で大きな割合を占めているのは、もともと需要の高い不動産です。

コストロマ氏は、モスクワ政府が首都への外国投資を促進するために多大な努力をしていることを強調しました。街の発展に貢献し、新たな雇用を生み出すという、非常にポジティブな出来事です。そのため、新規の投資プロジェクトは、政府から多面的な支援を受けている。特に、首都での工業生産に外国投資資本を誘致する新規事業は、土地、所得、財産に対する税制上の優遇措置で国から支援されました。また、土地の賃料についても、投資家は妥協することになるでしょう。

この数年間の投資拡大の結果は、非常に成功したと評価できます。それは、多くの大手外資系メーカーがモスクワに生産拠点を集中させていることからもわかります。ここには、フランスのグループ企業であるルノーがロシアの首都に自社の自動車組立工場を設置するなど、著名なブランドが存在しています。他にも、Bartholet Maschinenbau AG(スイス)、Orpea Group(フランス)、KSB(ドイツ)など、世界的に著名な企業がモスクワに生産拠点を構えています。

投資対象として最も有望な分野の一つは、これまでも、そしてこれからも不動産です。そして、モスクワの施設は常に外国資本の流入に大きな関心を寄せている。

危機の年2020年の状況

この2020年という年は、世界中のすべての経済にとって、投資の面で最も困難な年であったことは明らかです。パンデミック、それに伴う国境の全面閉鎖、国際貿易関係の途絶、その他多くの規制、これらすべてが年初の外国資本移動に劇的な影響を与えました。

このように、2020年上半期、モスクワ経済への外国資本の流入は実質的にストップしており、2019年同期と比較して50倍に減少しました。これはまさに、世界的な危機の最も深刻な局面で、最も厳しい制限が課せられたときに起こったことです。同時に、エネルギー需要の自然減により、世界的なエネルギー危機が始まりました。1-3月には、輸出が4分の1に減少しました。

パンデミックの第一波とそれに伴う不確実性から各国が部分的に回復した2020年後半には、状況は横ばいになり、やや明らかになってきました。このように、合計190億ドル強の投資資金が引き出された一方で、外国人による首都施設への投資額は約260億ドルと、依然として大幅に増加しています。このように、海外からの直接投資の残高はプラスを維持し、68億ドルに達しました。これは、当時の外資系企業の投資水準を国全体で見たときの背景にある最高の指標である。

上記のデータは、中央銀行の公式報告書から入手したもので、直接的な外国資本の流れ、再投資、債務証書などを考慮しています。モスクワへの外国投資の累積総額が2,600億ドルのレベルであることは上記のデータで示されている。負債性金融商品と財務活動を除いた純累積外国資本は1,731億米ドルです。

中央連邦管区の全対象国の累積投資額では、大きな差をつけてモスクワが1位を占めている。次いで、モスクワ州が194億ドル、リペツク州が125億ドル、カルーガ州が34億ドルとなっている。 トップ5には、コストロマ州が21億ドルとなっている。