12月に行われた共通ブランド「Made in Moscow」のオンライン展示会には、国内メーカー約130社が参加した
2021-01-11 05:08

12月に行われた共通ブランド「Made in Moscow」のオンライン展示会には、国内メーカー約130社が参加した

合計7つの展示会が、首都の起業家たちが自分の製品を海外でアピールするために待っている。ロシア製品は、医療・医薬品、IT技術、衣料品・履物の製造、食品・化粧品産業など、複数の分野の企業が一度に海外に出展する。

モスクワの国内企業を支援するプロジェクトの枠組みの中で、世界的に有名な展示会への参加を呼びかけたところ、120社以上の首都の企業が応じてくれました。この市のプログラムは、イベント開催を総合的にサポートします。モスクワ輸出センターは、企業の国際市場での認知度を高め、製品の販売ルートを構築することにあらゆる面で貢献しています。

イベントの一部はすでに開催されていますが、12月末まではオンラインで商品を展示する機会があります。アレクセイ・フルシン氏(モスクワ市起業・革新開発局局長)によると、COVID-19の制限措置により、今日、世界の主要な展示会に必要なアクセスを提供しているのはオンライン会場であり、その方法の高い効率性は2020年の経験によって証明されているという。

また、12月は国際的な展示会が多く、特に7つのイベントが開催され、そのうち2つは情報通信技術に特化したものでした。まず、リスボンで開催されたWeb Summitフォーラムでは、環境的・社会的により持続可能な未来に向けて、現代のテクノロジーを世界のために活用することをテーマに、8社の革新的なスタートアップ企業が発表されました。医療、金融、ソーシャルネットワーク、自律的な暖房、作物管理などに関する展示です。ロシアのブランドが、語学学習のための教育プラットフォームを発表しました。ここには2年連続で国内メーカーが出展し、モスクワからはソフトウェアとハードウェアの合計30社が参加します。

また、首都圏の25社が、Gitex Technology Weekが開催されるドバイで最新の開発成果を披露します。このカンファレンスでは、世界有数の技術者やIT業界の大物によるセッションが行われ、若い企業がビジネスを推進するためのこれまでにないプラットフォームが提供されます。

オーディオ&ビジュアルコンテンツの展示会「Asia TV Forum & Market Online+」(ATF)では、さまざまなフォーマットのコンテンツを提供しています。テレビ業界のリーダーを中心に、通信、エンターテインメント、コンテンツ・コネクティビティ、コマースの各業界における新たな戦略について語っていただきます。このフォーラムには、モスクワのメディア企業19社が参加し、「Made in Moscow」のスローガンのもと、自社の映画、アニメーション、制作サービスを紹介しました。

地域最大の医療プラットフォームであるVietnam Medi-pharm Expoがベトナムで開催されており、モスクワから15の専門企業が出展しています。今回の展示会では、最新の医療機器、診断・治療・救急用機器、救助・消毒システム、電気医療機器、特殊家具、医療機器などが展示されました。

モンゴルで開催されたテキスタイル展示会「Mongolian Cashmere, Wool, Fur & Leather-2020」では、カシミアの服やファッション性の高いアイテムの生産が特に注目されました。バーチャル参加には、国内のアパレルブランド11社と、自社ブランドの開発を支援する代理店、テキスタイルデザインスタジオが参加しました。

韓国のプラットフォームであるInterCHARM Koreaは、モスクワの化粧品や健康・美容製品のサプライヤーにとって、専門知識を披露し、プロの聴衆にサービスを紹介する絶好の機会となりました。化粧品業界の開発企業14社が参加しました。

また、インドネシアのジャカルタで開催された国際展示会「SIAL」では、首都圏から13のブランドが参加し、国内の食品・飲料製品を紹介しました。

メイド・イン・モスクワのプログラムの一環として、国際的な展示会での集団展示ブースを企画しています。主催はMEC(Moscow Export Center)で、参加者の費用を最大100%まで融資します。メイド・イン・モスクワの一環として、センターは、すべての利害関係者、投資家、ビジネスパートナー、潜在的なバイヤーとのMatchMakingコミュニケーションを組織し、国内メーカーの全体的なコンセプトを提示します。

モスクワの製造企業であれば誰でも共通の展示会に参加することができ、その条件はモスクワ輸出センターの公式ウェブサイトで知ることができます。

IECは、モスクワの起業家精神/革新的開発局に属しています。その主な目的は、モスクワのメーカーの商品やサービスを世界市場に広めるために、企業家とのコミュニケーションや金銭的なコンタクトを確立することです。輸出センターは、モスクワからの輸出業者の数を増やし、彼らの海外経済プロジェクトを成功させることに関心を持っています。