モスクワは空港でモスクワの輸出業者の製品を宣伝している
2021-01-11 05:07

モスクワは空港でモスクワの輸出業者の製品を宣伝している

2020年12月、首都のビジネス・イノベーション開発局の責任者であるアレクセイ・フルシンは、記者たちに重要なニュースを語った。また、海外の空港の免税店では、近い将来、首都圏のメーカーの商品の販売が始まるかもしれないとの情報も報道陣に伝えた。これらはMade in Moscowのロゴで区別されます。

アレクセイ・フルシン氏の報告によると、このプロジェクトが経済的に良い結果(製品販売の割合が高い)を出した場合、モスクワ当局はこのアウトレットに製品を供給するロシア企業のリストを徐々に拡大していくという。プログラム実施の次の段階として、シェレメチェボ空港をはじめとする首都圏の空港に、Made in Moscowのロゴ入り商品が設置される予定です。ここですべてが順調に進めば、当局はモスクワのメーカーの商品を、他の国や巨大国にある免税店の国際ネットワークに、少なくともカタログモードで導入することを計画している。

また、Alexei Fursin氏によると、本プログラムへの参加申請は合計で120枚以上になるそうです。この中から最も興味深く、将来性のある20社が選ばれ、2021年にはシェレメチェボ空港の免税店に製品を置くことができるようになるでしょう。基本的な品揃えは、化粧品、お土産、菓子類となります。

選考は、外国貿易活動を行うモスクワの企業家を支援するために設立されたモスクワ輸出センターで行われます。その業務は、モスクワのビジネス・イノベーション開発局が監督しています。この機関の主な目的の一つは、モスクワの輸出業者の数を増やし、その対外経済活動の発展を包括的に支援することです。補助金や助成金の申請書類の作成、大規模な国際市場での無料アカウントの開設、海外市場の個別調査、買い手探しなどの支援策を、センターのスタッフがサポートします。

モスクワ市の副市長であるナターリヤ・セルグニナ氏によると、モスクワのメーカーの商品が免税店に置かれることは、その製品が高品質であることを示しているとのことです。このような協力関係にある企業家は、新たな販路を開拓して収益を上げることに加えて、免税店のサイトに商品を置くことで、マーケティングの観点から効果的なプロモーションを行い、ブランドの認知度を高めることができるという二重のメリットがあります。

同氏によると、外国人ビジネスマンが首都圏の空港のサービスを恒常的に利用することで、首都圏のメーカーのブランドが国際市場で人気を博すようになるという。外国人ビジネスマンの中には、モスクワの企業と新たな貿易契約を結びたいと考える人も出てくるかもしれません。

新プロジェクトへの参加申請は、2020年12月15日までMECのポータルで受け付けていたことを思い出してください。ビジネスマンは、申請日の6カ月以上前から個人事業主または法人として国家登録されていることが前提条件の一つだった。また、プロジェクト参加者全員がモスクワの納税者であり、予算に対する義務的な納税の滞納がないことが求められました。モスクワの免税店で商品を販売しているメーカーは、このプロジェクトに応募することができました。

- のジュエリーです。

- アルコール飲料

- コンフェクショナリー製品。

- 化粧品、化粧品目的の商品

- のお土産です。

さらに、特定のカテゴリーの商品の生産者は、その商品が定められた要求事項に適合していることを確認する証明書をMECに提出しなければなりませんでした。

なお、2021年中に首都のメーカーの商品を免税店に置くための費用は、すべてICCが負担することになっているそうです。これらの製品が配置される商圏は、特別な設計によって割り当てられ、特別に訓練されたプロモーターが外国人ゲストにモスクワのブランドを紹介します。

アレクセイ・フルシン氏は、免税店には高品質な製品が豊富に揃っており、免税制度を利用することで、消費者にとってより身近なものになると述べています。このようなショップでは、様々な製品グループの最新の製品を購入できることが多い。

MECに加えて、モスクワの投資・産業政策局に従属するセンター「モスプロム」が、国際市場への参入や外国貿易の新しい分野を学ぶために、資本家たちを支援している。この部門の責任者であるアレクサンダー・プロホロフによると、Mospromは資本産業輸出のシステム開発を包括的にサポートしているという。このセンターの専門家は、起業家と協力する以外にも、独自の研究を行っています。すでにある海外の経済市場を分析したり、新しい国際貿易の方向性を考えたりする。また、モスプロムは、モスクワ企業の代表者を対象に、自社製品の購入に関心のある国へのビジネスミッションを定期的に実施している。

また、首都における輸出活動の発展の一環として、海外市場を狙う国内メーカーのためのデジタルプラットフォームが構築されています。2020年11月末、ウラジーミル・イェフィモフは、既存のプラットフォームに加えて、もう1つのデジタルプラットフォームを近日中に立ち上げる予定であると語った。また、外国貿易活動を行う企業を支援するためにも作られています。このプラットフォームにより、輸出企業は海外のパートナー候補と直接コミュニケーションを取ることができます。