モスクワの企業が製造した医薬品の輸出
2021-01-11 05:07

モスクワの企業が製造した医薬品の輸出

モスクワの経済政策・財産・土地関係センターのプレスサービスの専門家が、2020年の第1~3四半期における医薬品の輸出規模について語った。期間中の結果によると、首都のメーカーが海外に送り出した医薬品・医療品の集計シェアは、2019年9カ月と比較して36%以上増加しました。金額にすると2億2700万米ドル以上になります。

より正確な数字は、「Made in Russia」国際専門家フォーラムでのVladimir Efimov氏(Sergei Sobyanin氏の経済政策および土地・不動産関係担当副官)の報告で語られている。同関係者は、2020年1月~9月の首都の製薬メーカーの輸出量の累計が、2019年の同時期と比べて36.1%(または2億2746万ドル)増と、良好なプラス傾向を示していると指摘。最大の伸びを示したのは、海外に出荷される包装された医薬品の販売で、67.1%でした。ウラジーミル・イェフィモフ氏は、モスクワの医薬品輸出総額の60%をこの商品群が占めていることにも言及した。

同氏が示したデータによると、この商品群の輸出総額は金額ベースで1億3942万ドル。主な買い手はウズベキスタンで、パッケージされた医薬品が2,349万ドルで販売されました。

輸出支援・開発センター「モスプロム」の従業員は、医薬品の輸出量と構造を分析した結果、2020年の9カ月間における海外での最大の販売力は抗生物質であることがわかった。モスクワの製薬会社は、2019年の同時期に比べて10倍近く販売しました。主な購入者には、以下のような州があります。

- カザフスタン。

- シンガポールです。

- ベラルーシ。

また、小売薬局チェーン向けの免疫学的製剤の海外販売量は、1/3以上(34.3%増)に増加しました。2020年1月から9月までの期間では、金銭換算で1,068万米ドルとなりました。

モスクワの経済政策・財産・土地関係センターのプレスサービス担当者は、資本医療製品の輸出の地理的構造は、まず第一に、近外国の国々によって示されていると指摘する。

- 2020年の第3四半期に、ウズベキスタンはマスコーブ人から3,178万ドル相当の医薬品を購入した。

- ベラルーシ - 29,93百万で

- カザフスタン - 23,81万人

- ウクライナ - 19,98万人

モスクワの製薬会社は、アフリカ大陸の2つの国にも積極的に製品を販売していた。

- ナイジェリア(1523万ドル分)。

- コンゴ(769万ドル差)。

2020年の9ヶ月間にモスクワの製薬会社が製品を輸出した海外の顧客の総数は93カ国です。

モスクワ投資・産業政策局のアレクサンダー・プロホロフ局長は、モスクワの製薬工場の製品は、年々国際市場で人気と需要が高まっていると指摘する。例えば、モスクワ内分泌工場の輸出量は、製品販売の構造上、2019年には全体の2.9%だったが、2020年には2倍以上の6.2%にまで増加した。現在までに、18カ国と医薬品の供給契約を結んでいます。

モスクワの内分泌工場は、モスクワで最大の製薬会社であることを思い出してほしい。1943年春、A.I.ミコヤンの食肉工場をベースに設立されました。大祖国戦争では、インスリン、チレオイドインなどの重要な医薬品を前線と後方に供給しました。1990年代に入ってからは、自社製の鎮痛剤などの医薬品の生産を積極的に展開しています。

モスクワ内分泌工場は、前世紀前半に設立されたにもかかわらず、時代の流れに沿った活動を行っています。2016年には、新しいタイプの製品の生産をマスターするための大規模なプログラムを開始しました。このプロジェクトへの投資額は20億ルーブル以上にのぼります。

このプログラムの一環として、工場内の2つの作業場(総面積3,000平方メートル以上)が改築され、設備が整えられた。数年かけて、第一工房の近代化は2019年に、第二工房は2020年に完成しました。

1つ目のワークショップは、経皮吸収型の治療システム(パッチ)と経粘膜フィルム(口腔粘膜に塗布)の製造に特化しています。2019年5月に委託されました。この再建には1億4,300万ルーブルの費用がかかったという。

2つ目のワークショップでは、凍結乾燥した液体の注射薬(目薬)を製造するための技術プロセスを実施します。近代化のために12億ルーブルもの予算が費やされた。この施設は2020年1月に稼働しました。

モスクワ内分泌工場には、ポチェップとレフトフスキーの2つの支店があります。Entuziastov Highway(モスクワ)にある2号機では、現在、再建と近代化の作業が進められています。計画では、2022年1月までに完成させる予定です。レフォルトヴォ支店のリニューアルされたワークショップでは

- 10億個以上の固形剤(錠剤、カプセル剤)があります。

- 約6,000万本のガラスアンプル製剤。

- 33百万円の経皮吸収型製剤

- 1,000万ユニットの凍結乾燥薬剤と非滅菌スプレー液。

- 300万ユニットのエマルジョン・ステライルソリューション(バイアル、アンプル)。

ポチェップ支店(ブリャンスク州)では、動植物由来の原料、化学的・バイオテクノロジー的な合成法で得られた物質から医薬品原体を製造するための生産設備と、医療機器を製造するための生産設備を建設しています。例えば、コビトの大流行の際には、医療用のマスクがここで縫われるようになりました。