メディアだ当局はロシアの開発機関を改革したい
2020-10-21 01:56

メディアだ当局はロシアの開発機関を改革したい

ロシア政府は開発機関の改革を計画しており、そのための様々なシナリオが現在議論されている。VEB.RFと国家が参加する他の多くの企業は、開発機関のシステムの再編成に関する提案書をすでに準備している、とRBCは書いている。

現在、そのような機関の業務が分析されている。特に、ロシア大統領の政令で定められた国家目標の達成に対する機関の影響や、政府機関や商業組織との重複が評価されている。

同紙によると、いくつかのケースでは、開発機関の機能と複数の省庁の機能が交差していることがすでに明らかになっているという。その中で提案されたのが、開発機関の重複する機能を政府機関に移管することだった。国の優先事項の文脈から見て機関の業務が取るに足らないものであったり、政府機関との重複が多い場合には、その機関の活動を最適化することができる。

また、政府は開発機関の数を減らすかもしれない、とメディアは報じている。

同時に、Roscosmos、Rosnano、Rosatomのような独自の機能を持つ組織を分析すると、それらは別のグループに分類される。

開発機関の経営の変化は、その経営の変化の精緻化とともに排除されていない。だから、RBCによると、アナトリー・チュベイスは、Rosnanoのトップとして辞任するかもしれない。それは、彼が「北極を扱うために」オファーを受けていたことが判明した。同社のプレスサービスによると、Rusnanoのトップは北極が好きだが、「彼はほとんど極地の探検家として自分自身を見ていない」という。また、同プレスサービスによると、閣僚を代表してロスナノ氏は2024年までの同社の戦略を練っているという。

同紙によると、当局は改革のためにいくつかのオプションを検討しているという。一つは、VEBに基づいて国家目標の実施に関連する開発機関を統合するというシナリオである。

第二のバリアントは、完全な統合なしで、しかし、国家法人の輪郭に関連する開発機関の包含とVEB.RFグループ内の調整を想定しています。このシナリオの下では、VEB.RFの輪郭には、次のようないくつかの資金が一度に含まれることになる。産業開発基金、住宅・公益事業基金、スコルコヴォ基金、中小企業公社、ロスナーノ、Dom.RF、ロシア輸出センターである。

改革のもう一つのバリエーションは、Vnesheconombankと専門機関による開発機関の共同管理を含むパートナーシップ形式での調整です。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者クセニア・グストワ