モスクワで産業展「Metalworking-2021」を開催
2021-05-18 05:33

モスクワで産業展「Metalworking-2021」を開催

工業展示会「Metalloobrabotka-2021」が5月24日から28日までロシアの首都で開催されることが、主催者からMade in Russiaプロジェクトに報告されました。

この展示会の主な目的の一つは、企業が新しい販売チャネルを開発・発見することです。国内外のメーカーが、工作機械や金属加工産業における最先端の開発成果を披露します。

また、企業は展示会中に契約や協定を締結します。

2019年は開催面積が4万2000平方メートルを超えました。毎年、さまざまな国の専門家が参加しています。そのため、2年前の出展者数は、イギリス、ドイツ、中国、イタリア、スイス、スロバキア、チェコなど33カ国の約1.2千社でした。

しかし、主催者によると、今年はパンデミックのため、すべての参加者が展示会に参加できるわけではないという。例えば、ハンガリーの鋳造・金属加工企業であるMgyarmet Finomöntöde KftとMST Engineering Kftの代表者は、直接会場を訪れることができません。これらの企業は、ロシアのパートナーであるHEPAモスクワが代理を務めます。

展示会は5月24日から28日までExpocentre Fair Groundsで開催されます。詳細なプログラムは、公式ウェブサイトでご覧いただけます。

メイド・イン・ロシア // メイド・イン・ロシア

著者Ksenia Gustova