モスクワ企業の対欧州輸出額は153億ドルと倍増した
2021-01-11 05:07

モスクワ企業の対欧州輸出額は153億ドルと倍増した

昨年12月、モスクワ企業が欧州向けに供給している非資源・非エネルギー製品の輸出量の結果がまとめられた。分析の対象となったのは、第1四半期から第9四半期までの期間です。セルゲイ・ソビャーニン副会長(経済政策、財産・土地関係担当)のウラジミール・エフィモフ氏によると、首都圏の産業界での販売総額は2倍に増加し、現金換算で153億米ドルに相当するという。昨年は78億ドルであったが、今年はそれよりはるかに少ない。

西欧市場については、2020年第3四半期の非エネルギー輸出は218.9%増加し、金額ベースで117億ドルに達しました。例えば、モスクワの実業家たちは、オランダだけに3億4888万ドル相当の商品を販売した。2019年1~9月を比較対象とすると、同指標は9.7%の増加となりました。

モスクワ企業の欧州連合市場への輸出額

現在、次のような工業製品群の海外需要が活発に伸びています。

電子集積回路。2020年第1~3四半期の総輸出額は274万ドルとほぼ倍増しています。

製薬会社の商品や製品。外国人パートナーが首都の企業から購入したこれらの製品は、2019年1~9月に比べて約18倍になった。トランザクションの合計額 - $1.17 million;

の化粧品です。需要は3倍の67万ドルになりました。

ここで、北欧市場におけるムスコの輸出活動の特徴を簡単に説明しておこう。2020年第1~3四半期、それらで販売された商品の総量は、9.1%増の6億1,586万ドルに達しました。主な買い手は、デンマークとノルウェーの2国だった。これらの目的地では、需要の増加はそれぞれ51.1%、16.8%でした。

このようにデンマークへの輸出が急増したのは、首都の企業の供給が多様化したためである。まず、2020年9月になって初めて同地域への輸出が始まった低圧開閉器です。ノルウェーでは、機械設備、機械、コンピュータに最も興味を示しました。2020年1月~9月の同国への出荷量は213万ドルと推定されます。

首都の投資・産業政策部門の責任者であるアレクサンダー・プロホロフは、分析期間中、バルト諸国が首都の企業の製品に関心を高めたと指摘しています。このように、2020年の第1四半期から第3四半期にかけて、これらの国の総需要はちょうど2倍に増加し、276,11百万ドルに達しました。ラトビアでは7,915万ドル(2019年1~9月比31.5%増)、エストニアでは1億5,118万ドル(2019年比418.3%増)の商品を武蔵野人が供給した。

ラトビアでは、医薬品や化粧品を首都のビジネスマンから購入することがほとんどであった。その結果、前者は57.12%、後者は31.3%の需要増となりました。エストニアは、化学工業製品、医療機器・製品に最も関心を示しています。この方向で、2020年9ヶ月間の輸出量は119.39%の増加となりました。

2020年1月から6月までの間、モスクワのメーカーによる北欧・東欧諸国への非主要な非エネルギー製品の輸出が良好な動きを見せていたことを思い出すべきである。昨年の1月から6月にかけて、起業家たちはこれらの市場で20億ドル以上の利益を得ることができました。

この状況について、ウラジミール・エフィモフ氏は、「当時、外国人に人気があったのは、機械(自動車を含む)や機械装置、そして医療品だった。薬理学と食品産業は、最も印象的な販売動態を示しました。2020年の最初の6ヶ月間で、これらの商品の欧州への輸出量の総計は、2019年の同時期と比べて2倍になりました。主な購入者は

チェコ共和国 - 1億7,716万ドル

エストニア - 1億4,593万人

フィンランド - 1億4,323万人

スウェーデン - 1億398万ドル

ウラジミール・エフィモフは、ロシアの首都で生産される特定の製品群に対するヨーロッパ諸国の関心は、地理的な近さに起因すると説明した。

2020年1-6月期には、市場で絶対的な人気を誇る医薬品や化粧品のほかに、モスクワの実業家たちは、デンマークへの自動車部品や機械装置の販売量をちょうど2倍に増やすことに成功しました。これをきっかけに、首都のメーカーから同国への輸出は全体で6%増加しました。

また、アイスランド向けの売上も増加しています。2019年1~6月と比較すると、モスクワ製品の同国への輸出は約10倍に増加した。アレクサンダー・プロホロフは、一般的に、アイスランドへの非エネルギー輸出の流れは小さく、そのような数字は機器の供給によるものだと指摘した。液体や気体のろ過・浄化装置は、2020年の第1四半期から第2四半期にかけて、首都圏の企業が同国に供給した商品の総構成比の90%以上を占めた。

分析データによると、2020年1月から5月までの間に、首都の工業・農業関連企業は151カ国で製品を販売した。主な購入者はイギリスで、33億4千万ドル分の商品を購入しました。第2位は米国(購入製品数11億5,000万ドル)でした。"ブロンズ "はベラルーシ(9億ドル)、4位はカザフスタン(8億8千万ドル)となりました。

都庁は、起業家が国際市場をマスターすることがいかに難しいかを理解しています。そこで、輸出支援センターであるモスプロムが設立されたのです。この機関の従業員は、ビジネスマンが海外で経済活動を行う際に包括的な支援を行います。他国の国内法、商品の認証、物流などについてアドバイスを行います。さらに、モスプロムの専門家は、国際市場の状況を調査し、そのニーズと有望な取引分野を特定します。